TOP » ダイビングログ » 「縁」という言葉について

ダイビングログ

「縁」という言葉について

皆様も日常で「縁があるなぁ」

とか、いやいや「まったく縁がないなぁ」

と、ぼやいてみたりとかありますよね。

偶然か?はたまた必然か?

それはわかりませんが

人の出会い、物事の出会いなどのタイミングを「縁」という素晴らしい言葉で表現できます。

僕はよく以前から行ってみたかったお店が無くなっていたり、移転したりすると

「縁がなかったなぁ」

と思います。

そして今日はこんなすばらしい出来事がありました。

ずいぶん前に1度行ったことがある元祖ゆしどうふそばで有名な「高江州そば」さん。

takaesu2.jpeg

浦添市にある有名な沖縄そば屋さんで、久々に行きたい!と思ってました。

そしてついに懐かしさをかみしめて最初に行ってみたのは昨年12月、

もう口のなかは沖縄そばの味になりながら向かってみると

定休日。

はい、これは僕のリサーチ不足です。

定休日に行く僕が悪い。

そして翌週、

再チャレンジです。もちろん定休日を外して来店すると

「臨時休業」

う〜んついてない、でもまた楽しみが延びたということで。

月日は流れ、年も変わること令和3年の初め。

3度目のトライ!

そしてついに・・・?

駐車場に車を停めていると、まさに常連ぽいおじさんが、「今日は休みだ」と教えてくれました。

「誠に勝手ながらお休みとさせて頂きます」

との張り紙。

さすがに「縁」という言葉が頭をよぎります。

3回訪れて入れなかったお店は縁がないと普段は諦めます。

が、ここは負けずに本日4回目のチャレンジです。

定休日は日曜日、今日は水曜日。よし!

営業時間は午前10時から。現在11時、ばっちり確認!

Googleにも営業中の文字を確認。完璧!

全ての準備が整い、いざ来店。

結果は!?はたして?

takaesu1.jpeg

4回目の来店も高江州そばさんに素敵なお言葉をいただきました。

はい、高江州そばさんとは縁がございませんね。これは。

で、5回目は?

もちろん行きますけど。

何度目に入店できるかはこれからのお楽しみにしておきます。


更新日時: 2021年2月 3日 14:35